闇金融情報

いわゆる消費者金融は無担保で融資をする形態で、上限金利は出資法で定められている20.0%。それを超える融資は違法となり刑事罰の対象となります。つまりそれ以上の金利を取っている貸金業者は闇金融といっても良いだろう。

質屋の金利

しかし、何にでも例外が存在します。古くから質屋って商売はあるけど、この商売は貸金業と区別されています。
質屋の場合は、貸金業とは異なる法律で規制があり「質屋営業法」で規制されています。その上限金利はなんと109.5%!!

出資法の上限とは比べ物にならないほどの高金利なのです。実際、闇金融の貸付金利に近いものがある・・・
質屋と金融業の決定的な差は質草と呼ばれる担保にあります。質屋は無担保で金を貸してくれません。必ず質草と呼ばれる担保を預けてその担保に見合った金額を借りるシステムです。もちろん支払いができなければ担保は流れてしまいます。質流れは嫌だけど、すぐに返済できない場合は最高109.5%の利子を払って質流れをストップしなければなりません。

時計・宝石レンタルの手口

さて、新手の闇金融手口とは・・・
実際にこの仕組みは闇とはいえないかもしれない。なにせパチンコの換金システムのように法の網をすり抜ける手口なのだから。

この手法は関西で始まり、東京にも進出してきていると報道されていますが、一般的には「レンタル時計」の手口と呼ばれています。
時計のレンタルが何故、貸金に?そこで登場するのが前述の質屋。

借金したい人は時計や宝石レンタルの看板がある店に足を運ぶ。看板には金融とは書かれていないけど、なんとなく融資をしてくれそうな感じの文章が書かれている場合もあるらしい。

ここでは普通に高級時計や宝石のレンタルの契約をするわけですが、この際に「お金が必要なら・・・」と高値で貸付してくれる質屋を紹介。時計を借りて質屋に持っていくとそれなりの金額が借りられるというシステム。

借金した人は質屋に年利109.5%の金利を払い、さらに時計のレンタル代を払う事になる。
もしも支払いができなくなったら・・・

質屋に関しては担保の時計が質流れとなり返済はなくなる。しかし、レンタル時計屋には高級時計を弁償する事となる(もちろん悪質な場合は時計が偽物)。質屋とレンタル時計屋はグルなので、金利で儲けてもいいし、時計の弁償で儲けてもいい。レンタルするものは時計じゃなくて宝石や他の物でもかまわない。

この手口の巧妙なところは時計が偽物でない場合、全てが合法っていう事。質屋が年利109.5%の金利を取るのも、レンタル会社がレンタル料金を取るのもまったく合法。
ホント、パチンコの換金システムのように巧妙な手口です。

全国初の摘発(2007年7月加筆)
レンタル時計の手口は元々関西から生まれた手口らしいのだが、2007年7月11日に大阪府警が全国初の摘発を行いました。業者は広告に融資を連想させる文句を掲載(「即日契約」など)してたらしいが!?

やっぱり警察がその気になれば摘発できるんだなぁっと・・・
上に書いた「全てが合法」ってのも、やり方次第ってことなんでしょう。今回の場合、「融資を連想させる文句」ってあたりで摘発されたのかな?いずれにしてもレンタル時計の手口は報道されてたから、警察も目をつけていたと思われます。

このページの先頭へ
Copyright (C) 2014 カードローン ナビ@低金利カードローンの比較情報 All Rights Reserved.