美味しい広告の裏

ブラック・多重債務・破産者OKのクレジットカード ???

クレジットカード審査は当「カードローン ナビ」の専門外ではありますが、少なくとも消費者金融よりは厳しい審査が行われています。一般的に審査が甘いクレジットカードは消費者金融大手が発行しているクレジットカードでしょう(実はそこよりもある意味甘い会社がありますが・・・)。

そんな消費者金融大手のクレジットカードが作れない人たちでもOK!と宣伝しているクレジットカード手続き代行会社が存在します。ではいったいどんなカラクリなんでしょう?

ちなみに、いくつかの代行会社サイトを見ると、「海外クレジットカード」とか「破産情報は海外に流出してません」なんて記載してます。もちろん海外のクレジットカード会社(日本にオフィスがあり、募集している会社は除く)は日本の破産状況を調べないだろうけど、各社の基準で審査があるわけで、その国に住んでなくて仕事もしていない人にクレジットカードを発行するわけが無い!

でも、確かにクレジットカードらしきものを作れる手段はあります。チェックカードと呼ばれるこのカードは、日本ではスルガ銀行のVISAデビットカードがそれになります。

銀行のキャッシュカードにVISAのサービスが付いたカードと考えればわかりやすい。つまりデビットカードとほとんど同じです。でも、しっかりとVISAカードとして利用できるので、ショッピングでもネットでも問題なく使えます(管理人使ってます)。

たとえばフィリピンのメトロバンクの場合、10,000ペソ(約2万円)以上を口座に入れておくと、口座に入金されている金額を上限にクレジットカードとして機能するチェックカードを発行しています。ちなみにこの銀行、管理人が1年位前にクレジットカードの申し込みをしたら、手紙が届いて「チェックカードなら作れます」って案内が来ました。メトロバンクは東京や大阪にも支店があるので、作れるのかなぁ?

最近はいろいろなサイトが、からくりを解説するためか、「ブラックOK」って言ってる紹介ページで「デビットカードではありません」なんて書いてあるサイトも見かけるようになってきました。
でも、良く見ると手数料が数万円~数十万円もかかるらしく、いずれにしても手を出さないほうが無難でしょう。(お金を持ち逃げされるリスク大です)

そんな手数料を支払うくらいなら、その手数料を入金してVISAデビットカード作ったほうが良いのでは?

危険度(リスク) ★★☆☆☆
金の持ち逃げリスク
最初から手数料が高い
怪しい度 ★★★★☆
クレジットカードの審査はどの国も厳しいです
お勧め回避方法 VISAデビットカード作りましょう
このページの先頭へ
Copyright (C) 2014 カードローン ナビ@低金利カードローンの比較情報 All Rights Reserved.