信用情報を確認しよう!

過払い請求や債権整理なんかをした人、借り入れが多い人なんかは自分の信用情報気になりませんか?
ってことで、消費者金融系の情報機関であるジャパンデータバンク(全情連加盟の情報センター)に突入してきました。いやー、久々に行ってみると変わってたり新たにわかることもあるもんだ!

注意:現在は全情連の信用情報交換業務を日本信用情報機構(JICC)が継承しています。ジャパンデータバンクって会社は、もうありません・・・
ちょっと情報が古いかもだけど、確認の方法は変わらないと思うので、そのまま載せています。そのつもりで見てくださいね。

個人信用情報センターおさらい

個人信用情報のコラムに書いたけど、日本では借り入れに関する個人信用情報を取り扱う会社は3社あります。昔は5社だったけど、事業継承や合併した機関があるから今は3社が正解。
3社は一部情報を共有しています。簡単に特徴を書くと・・・

  • 日本信用情報機構(旧 全国信用情報センター連合会):主に消費者金融系 CCBとも合併したため一部の信販系も加わる
  • 全国銀行個人信用情報センター:主に銀行系
  • CIC:主に信販系

総量規制の実施に伴う指定信用情報機関には、日本信用情報機構とCICが指定されたので、両社は貸金情報ネットワーク(FINE)を構築し、借入残高等個人信用情報(ホワイト情報)を共有しています。銀行ローンは総量規制の対象外となったためか、全銀協はFINEには参加していない。

また、3機関が異動(事故)情報を共有するCRIN(クリン)というシステムも構築しています。

全国信用情報センター連合会(全情連)

消費者金融系(といっても今では銀行も信販も参加している)の情報を扱ってる全国信用情報センター連合会(全情連)という組織には沢山の会社が集まっています。取り扱う情報の地域によって分かれてるんだけど、管理人が在住している東京ではジャパンデータバンクという会社がデータを取扱しているので突撃!

余談だけど、怪しい広告で「ブラック情報消します」なんてのは嘘!
信用情報扱うサーバーが置かれてるデータセンターは007でも進入困難なビルにあるから!(入ったことあるけどすごいよ)。場所は教えられません・・・ちなみに、ジャパンデータバンクのあるビルにサーバーはありません!

ジャパンデータバンク

さて、東京は浜松町にあるジャパンデータバンクで自分の情報を確認できます。郵送受付もされています。

浜松町駅から歩いて5分程度で到着。昔はビルの上に受付があった気がするけど、今は1階に情報開示窓口がありました。道歩いてると看板出てるからすぐにわかります。

ジャパンデータバンク案内

入り口を入るとすぐに窓口で身分証明書を提示します。コピーとられてバインダーにはさんだ申込用紙渡されてから奥の部屋に案内されます。奥の部屋はソファーと小部屋が5個あって、この部屋で情報書いた紙を渡されるってわけ。申込用紙には捺印欄があるけど署名でOKです。

個人信用情報

さて、いよいよ情報書いた紙をもらうと・・・見てもわかりくいです(笑)

個人信用情報

黒いエリアには名前や住所、勤務先情報が記載されています。
まぁここは参考程度に見といて、重要なのは赤いエリアから。赤いエリアには「貸付件数合計」・「貸付金額合計」・「残高金額合計」って書かれてる項目があります。これは何件の会社と契約をしていて、いくらまで借りれる状態で、実際にいくら借りているのかを示しています。カードローンの申し込みで嘘書いても即ばれます!

そして青のエリアには借り入れごとの状況が書き込まれています。契約日や次回入金日、残高、完済日なんかの情報です。さてここで重要なのは青エリアの一番右に書かれている言葉。なにも無ければ空白なんだけど、延滞とかしていると「延滞」って書かれちゃっていわゆる事故情報扱いになってるってこと!

ちなみに「債務整理」や「契約見直し(コード71)」なんてのが任意整理したり過払い請求したりすると書かれるんだけど、これはCRINで共有される事故情報には当たらないから、全情連の会員である会社には見られるけどCICとか全銀協の加盟会社には分からない情報!!!
これは知らなくって事故情報として共有されると思ってました。でもまぁ全情連会員には見られるから新たな借金はいずれにしても難しいだろうけどね。

任意整理や過払い請求をした場合の情報は・・・・

「延滞」⇒「延滞」&「債務整理」⇒「延滞解消」&「契約見直し」って具合に右にかかれる情報が変化するはず。
なんで「延滞」って書かれるかというと、どんな理由があれ(たとえ弁護士が絡んでいても)3ヶ月支払いが遅れると「延滞」になるんだって。債務整理するときは金融界者との話し合いに時間がかかるから必ず「延滞」になるだろうね。ちなみに延滞の事故情報は解消されてから(支払い再開してから)1年で消えます。債務整理は発生から5年です。

※2010年4月19日より日本信用情報機構(JICC)はコード71(契約見直し)の登録の中止、既に登録されている登録の削除を実施しています。

このページの先頭へ
Copyright (C) 2014 カードローン ナビ@低金利カードローンの比較情報 All Rights Reserved.