カードローンの審査 個人信用情報機関に関すること

カードローン申込みの流れと審査・属性でも書いたように、消費者金融や信販会社、銀行は申込者の個人信用情報を必ず照会します。

申込用紙や貸金業者サイトの申込みページでは、「申込者の個人情報を加盟する個人信用情報機関に送ります」っていう同意文が用意されていて、これに署名または同意するようになっている。
では信用情報って何なんでしょうか?
また、それを管理する個人信用情報機関とは?

個人信用情報

貸金業者が個人信用情報機関に問い合わせる事ができる情報は氏名・生年月日を基にデータ化されている。

照会できる情報は以下の通り(会社によって若干違うが大差は無い)

  • 同じ個人信用情報機関に加盟している貸金業者の借り入れ履歴(もしもあれば)
  • 同じ個人信用情報機関に加盟している貸金業者の支払い履歴(もしもあれば)
  • 同じ個人信用情報機関に加盟している貸金業者の照会(申込)履歴(もしもあれば)
  • 同じ個人信用情報機関に加盟している貸金業者の異動(事故)歴(もしもあれば)

つまり同じ信用情報機関に所属している別の貸金業者から借り入れをしていると、借入日や完済日、現在の借り入れ金額等がわかってしまいます。もしも、支払いを延滞したことがあれば、スグにわかってしまうのです!
照会(申込)履歴も見られるから、色んなところで短期間に申し込みをした場合もスグにわかってしまう。

支払いを完済してもその情報は一定期間保管され、照会時に情報として出てきます。この保管期間は信用情報機関によって異なります。ちなみに、借り入れを一度もしていなければその人の情報は登録されないので、該当無しとなる。貸金業者にとっては上客扱いとなるのが普通だけど、ある程度の年齢でクレヒス(クレジットヒストリー)が全くないと、過去の破産を疑われマイナスになることも・・・

個人信用情報機関

では、いったいどんな会社が個人信用情報を取り扱っているのだろう?
そして各情報の保存期間は?

全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC)
http://www.zenginkyo.or.jp/
主に銀行が加盟する個人信用情報機関として設立

  • 完済情報:完済日より5年
  • 申込(照会)履歴:1年(本人)、6ヶ月(会員)
  • 破産情報:10年
  • 遅延情報:解消されてから5年
  • 債権回収:発生日から5年

日本信用情報機構(JICC)
http://www.jicc.co.jp/
主に消費者金融会社が加盟する個人信用情報期間として設立

  • 完済情報:完済日より5年
  • 申込(照会)履歴:6ヶ月
  • 破産情報:5年
  • 遅延情報:解消されてから1年
  • 債権回収:発生日から5年(保証会社が返済した場合も同じ)

シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/
主に信販会社が加盟する個人信用情報期間として設立

  • 完済情報:完済日より5年
  • 申込(照会)履歴:6ヶ月
  • 破産情報:官報掲載情報の記載なし
  • 遅延情報:解消されてから5年
  • 債権回収:発生日から5年(保証会社が返済した場合も同じ)

全国信用情報センター連合会(全情連=JIC)の信用情報交換業務は、テラネットが引き継ぎ、社名を現在の株式会社日本信用情報機構に変更しています。また、平成21年8月1日に日本信用情報機構とCCBは合併し、存続会社は日本信用情報機構となっています。

リストを見ていただければかわると思いますが、一般的な内容は完済後5年でどの情報機関からも消去されます。いわゆる事故情報(業界では異動情報)は支払ってから5年でこれも記録が消えます。

ちなみに管理人は、18歳で銀行系のクレジットカードを作り、支払いを延滞して強制解約され、親に支払ってもらったことがあります。そんな事故情報の持ち主も、24歳の頃に信用情報を開示して消えていることを確認し現在はクレジットカードを複数枚所有しています。

自分の情報は各個人情報機関で閲覧できます(コピー不可)。
場所によっては郵送での申し込みも出来るので、一度見てみてみることをお勧めします。例えば、利用件数の多い人が新たに申し込みをする場合なども、自分の信用情報をしっかり把握しておくのがいいと思います。

世間で言われるブラックリストというものは存在しません。
ただし、異動情報(事故情報)がこれに相当すると思われます。この情報をどう考えるかはあくまで加盟会社の判断なのです。

一般的にブラックと呼ばれる状態は何個かあって・・・

  1. 破産情報がある
  2. 異動情報がある
  3. 他社利用が多い
  4. 短期間で複数の会社に申し込みをしている

というのがブラックと呼ばれている状態。1や2は支払いや手続きが終了しても数年間は情報として残るので注意!

もう一つ重要な事が!もしも同じ姓名・生年月日の人が事故を起こしていたら!?
そんなときは上記の情報機関へ問い合わせをして自分の信用情報を確かめましょう。申請すれば情報は訂正されます。ちなみに本人に借金癖があり、自分で借金をストップする申し出も情報機関に登録できます。これは10年間記録として残ります。

指定信用情報機関

改正貸金業法が完全施行され、年収の1/3を借入上限とする総量規制が実施されました。総量規制を確実に実施するには、個人の借入れ状況を正確に把握する必要があります。ここを正確に把握しないと総量規制は絵にかいたモチになってしまう。そこで、総量規制が実施される前に指定信用情報機関の創設が義務付けられました。指定信用情報機関は全ての個人信用情報を把握し、貸金業者は指定信用情報機関に加盟し照会することで申込者の全ての借入残高状況等の問合せできるシステムを目指したわけです。

再編等の紆余曲折があり指定信用情報機関には、日本信用情報機構CICが指定を受けました。1社ではなく2社が指定を受けたとなると、借入残高情報の交流をしないと、正確な個人信用情報の把握はできません・・・
そこで、日本信用情報機構とCICは貸金情報ネットワーク(FINE)を構築し、借入残高等個人信用情報(ホワイト情報)の交流を行っています。

貸金業者は、日本信用情報機構とCICのどちらかへの加盟を義務付けられています。なので、カードローンの申し込みをすれば他社借入状況は完全に把握されているってことです。

個人信用情報の照会について

個人信用情報機関に記録されている信用情報は加盟会社だけが見ることができます。

つまり、全銀協の情報は、日本信用情報機構にだけ加盟している貸金業者は見ることが出来ません。

一般に言われる、「銀行の借金は消費者金融にはわからない」などの噂はこういうことです。でも世の中は甘くない!

全銀協・日本信用情報機構・CICの各信用情報機関はお互いに情報を共有していて、どれかに加盟していると他の信用情報機関へも照会できる(クリンと呼ばれるネットワークです)。
しかし、クリンで照会されるのは異動情報(ブラック情報)のみで、それ以外の情報の交流はありません。

また、指定信用情報機関の指定後は貸金情報ネットワーク(FINE)によってホワイト情報の交流も開始されています。日本信用情報機構とCICとの交流のみです。両社と全銀協とのホワイト情報の交流はありません。

ちょっと具体的な話。
数年前、管理人は消費者金融数社から借り入れのある身でした。延滞はしていませんでしたが、これ以上の新規借入は難しい状況でした・・・こんな管理人の情報は全国信用情報センターとCCBに登録されていました(現在、この2つの個人信用情報機関は合併し日本信用情報機構となっています)。ある時、クレジットカードを作りたいと思った管理人は、当時の4つの個人信用情報機関で信用情報の開示要求をしました。すると全銀協とCICには情報無しです。 そこでCICのみに加盟しているクレジットカード会社に申し込み、すぐにクレジットカードを作ることが出来ました!

もう一つ具体例を。
ある日、管理人は消費者金融の借り換えを行いました。使っていた会社よりも低金利の為、借り換えを条件に融資をしてもらったのです。振込みがされてすぐに昔の会社へは返済をしました。
しかし翌々日、新たに借り入れた消費者金融会社から電話があり「お金返してないですよね?」とクレームが。私が返済した会社が返済情報をスグに信用機関へ送らなかった為に起きたトラブルでした。返済済みの会社に電話して事は収まりましたが。。。

このページの先頭へ
Copyright (C) 2014 カードローン ナビ@低金利カードローンの比較情報 All Rights Reserved.