カードローン 違法(高金利・取り立て)FAQ回答4

違法な高金利、悪質な取立てに関するQ&A4

  • Q.実印を勝手に使われた場合には?
    A.実印であろうと認印であろうと、基本的な考え方は同じです。
    たとえば借主と連帯保証人の筆跡が同じ場合には、たとえ実印が押されていても、勝手に印鑑を使われたことを証明しやすく、裁判にもつれこんでも責任を免れることができそうです。ただし、いつもその実印を自分のかわりに使わせていたり、別の事務処理を委任して印鑑も預けていたようなときは、勝手に保証人にされても責任を負わなければならない場合があります。(表見代理)
    そのほか,ハンコの盗難によるトラブルもありますので、管理はキチンとしてください。
  • Q.弟に頼まれ白紙に署名押印したら、連帯保証人にされた
    A.この場合には、あとから「連帯保証人とは知らなかった」などと主張しても、責任を免れない恐れが大です。本人が署名押印したのですから、契約条項の捏造を立証するのは困難です。白紙委任状などに署名押印するのはたいへんに危険なことです。
  • Q.無理やり保証人にさせられても責任は免れない?
    A.一般に、連帯保証人として、借用書に署名押印すると、その責任を免れることはできません。しかし、悪質業者の中には、借主の親族や友人を脅して借金の連帯保証人になることを強要し、契約書にむりやりハンコを押させる者もいます。このような場合、警察や弁護士に相談し、業者を刑事告訴することもできます。また、そのような保証契約は脅迫による意思表示だとして取り消すことができますし、脅しの程度がひどければ取り消すまでもなく無効です。ただし、自筆の署名や押印があると、それが脅しによるものだという立証は困難です。
  • Q.保証人の途中解約は可能?
    A.いったん連帯保証人になると、その責任は、借主が借金を返し終えるまでなくなりません。貸主の脅迫により無理やりハンを押したという場合を除けば、借金の連帯保証人をやめるには、貸主の承諾が必要です。この場合、貸主から代わりの保証人や担保を求められることもあります。
  • Q.借金の連帯保証人になったが、いつまで責任を負うのか?
    A.連帯保証をした借金を借主が全額返し終えれば、連帯保証人としての役目も終わりです。しかし、借主が返済を怠れば(債務不履行)、連帯保証人は借主にかわって保証した借金を無条件で返さなければなりません。
    返済義務があるのは、1.未返済の借金の元本 2.未払いの利息 3.遅延損害金 です。一件一件の借金ごとの連帯保証人となる場合には、連帯保証人の責任はその一件一件の借金の完済までです。借金がなくなれば、連帯保証人はそれ以降、何の責任も負いません。しかし、いったんは完済しても、それだけでは連帯保証人の責任が終わらないのが、根保証契約です。
  • Q.根保証契約の連帯保証人は、いつ辞められる?
    A.根保証契約をした連帯保証人は、極度額の範囲内であれば、借主が繰り返し借り入れる借金について、保証期間が過ぎるまでは保証する責任を負います。通常、保証期間は契約で決められていますから、根保証契約もその期間が満了すれば終了します。ただし、期間満了時点で借金が残っていれば、その残高(確定した債務)については、それ以後も、連帯保証人としての責任を負わなければなりません。つまり、根保証契約の保証人は、確定した借金が完済されるまで、保証人をやめることができません。
  • Q.根保証していますが、追加融資を知らされていないときは?
    A.根保証契約をする場合、貸金業者は保証人に対し、根保証であることの説明書面や契約内容を記載した書面を交付し、また新たに貸付をするごとに保証人にその事実を通知しなければなりません。これらの書面交付や通知がなされないときは、根保証契約は無効です。保証人は、当初の契約時に保証した金額についてだけ、支払いの義務を負うことになります。なお、書面を受け取っていても、根保証契約と知らなかったときは、民法の錯誤による無効を主張できる余地があります。
  • Q.離婚したら連帯保証人をやめられる?
    A.結論から言うと、離婚を理由に、夫の連帯保証人をやめることはできません。
    住宅ローンは配偶者の一方が借主なら、もう一方が連帯保証人になるのが普通でしょうから、この場合は、双方で話し合い、連帯保証人である妻がマンションに対する権利を放棄する代わりに、残っているローンの支払いは借主本人である夫が引き受ける、などの約束を取り交わすことがあります。しかし、ローンの借主の承諾を得ないと、連帯保証人の責任はなくなりません。仕事上の借金の連帯保証人になった場合も同じです。
  • Q.夫婦で合意すれば、債権者の同意がなくても保証人をやめられる?
    A.夫または妻が、配偶者の借金の連帯保証人になっている場合、たとえ離婚しても、保証人をやめるのは容易ではありません。連帯保証人をやめるには債権者の承諾を取りつける必要があります。このような場合、債権者は、債務者側に、代わりの連帯保証人か、相当の担保を要求するのが普通です。
  • Q.勝手に入金されても借金したことになる?
    なりません。このような業者の融資行為は押し貸しで、過剰貸付や不正な貸付を禁じた貸金業規制法13条に違反していると考えられます。
このページの先頭へ
Copyright (C) 2014 カードローン ナビ@低金利カードローンの比較情報 All Rights Reserved.