多重債務者の融資について考える

そもそも多重債務者の定義って?
銀行などでは2件以上の借り入れがあれば多重債務者とみなされるので、言葉の通り2件以上の借り入れがある人というのが正しいと思います。

しかし、当「カードローン ナビ」で多重債務者と言った場合は3件以上の借り入れがある人の事にしています。

2006年、全情連(現 日本信用情報機構)の調べで貸金業者から5件以上の借り入れを行っている人数は全国で200万人を超えているという衝撃のデータが明らかになりました。このコーナーはこういった人々の借り入れを考えるコラムです。

新規借り入れをする理由は?

多重債務の人が新規借り入れをする理由は何でしょうか?

その1番の理由は「借金返済に困って・・・」です。管理人の場合、最大で7件から借り入れをしていたので月10万円を超える支払い返済をしていました。

これは給与の過半を超える相当な金額・・・

もちろん支払いが遅れれば電話がくるし、プレッシャーもかけられます 。結果、困ってしまい新たな借り入れ先を探す悪循環におちいってしまいます。

この思考は管理人、非常に良くわかる!わかりすぎる!!お金が無くって返済に困るのは、ホントにつらい事です。

また、改正貸金業法の完全施行に伴い総量規制が実施されました。消費者金融や信販会社では年収の1/3以上の借り入れはできなくなりました・・・
困った多重債務者はどうするかっていうと、ついヤミ金に手を出してしまう。以前の管理人の思考なら間違いなく、そうなっていたでしょう!?

【任意整理・過払い請求】 新規借り入れの理由が返済金の人向け!

前述のように、新規借り入れの理由が借金返済のためであるならば・・・
意を決して任意整理も検討してみませんか?

報道でも取り上げられているように、当サイトでも紹介しているように、グレーゾーン金利下での融資は無効となる場合が多く、任意整理をすれば返済額を大幅に下げれるかもしれません。場合によっては、過払い金が返金されることもあります。

任意整理と過払い請求の差は?
正直、変わりません。任意整理をした結果、過払い金が戻ってくるかもしれないって事です。

任意整理のデメリットに信用情報に登録されてしまうことがあります。こちらも大きな変更がありました!『過払い金返還請求は、顧客の正当な権利で信用情報とは直接関係しない』という金融庁の方針に従い、2010年4月19日より日本信用情報機構(JICC)はコード71(契約見直し)の登録の中止、既に登録されている登録の削除を実施しています。

従来から完済後の過払い請求は、コード71(契約見直し)が登録されることはなかったのですが、今回の決定により残債が有る状態で任意整理をして最終的に債務が無くなり、過払いとして和解した場合も個人信用情報に傷つかなくなりました。

ただし、任意整理により返済額を減額できたものの債務が残る場合は、『債務整理』として情報が登録されます。これは、いわゆる異動(ブラック)情報となり、4~5年程度、日本信用情報機構(JICC)に情報が登録され続けます。その間はクレジットカードの発行や新規の借り入れが難しくなります。

ちなみに、クレジットカードの作成は数年間制限されるけれど、VISAデビットカードを作ればまったく不自由はありません。カード自体も見た目は普通のクレジットカードと変わらないし、管理人はあらゆるシーンで色々と使ってるけど海外ショッピングでも威力を発揮するし問題なしです!

クレジットカードが不安というならこれで解決できるから、安心して任意整理するべし!

任意整理以外にも特定調停という手段もあります。裁判所を通して自分で業者と交渉するという方法です。申し立て後には金融業者の取り立てはストップするし、最大のメリットは費用が安いということ。
ただし、交渉不足で上手くいかない場合もあり、全ての債務者に向いている手段ではありません。

債務整理全般に関する悩みには弁護士や司法書士の事務所が無料でメール相談に応じてくれます。業務内容は同じなので、弁護士でも司法書士でも信頼できる所をみつけることでしょう!

事務所名 場所 着手金 成功報酬 減額報酬 過払い返還報酬
伊藤法律事務所 東京都港区 10,000円/1社 20,000円/1社 減額された額の10% 返還された額の20%
認定司法書士 横野事務所 東京都港区
大阪府大阪市北区
19,800円/1社 減額された額の9.8% 返還された額の19.8%
行木法律事務所 東京都港区 20,000円/1社 20,000円/1社 減額された額の10% 返還された額の20%
樋口総合法律事務所 東京都中央区 20,000円/1社 20,000円/1社 減額された額の10% 返還された額の20%

おまとめローン

複数の借り入れを安い金利でまとめる事により、毎月の支払額や支払総額を減らす目的の借換ローンのことです。

おまとめをお勧めする人の状況としては、「借り入れの支払いに困っているものの一本化すれば返済できる目処のある方、借入の返済期間が短く任意整理しても借金をほとんど減額できない方」でしょうか?

また、クレジットカード契約やローン契約の可能性がある人もおまとめローンのほうがいいです。債務が残る任意整理の場合は、『債権整理』として個人信用情報機関に情報が登録されます。5年程度は、新規のクレジットカードやローン契約が厳しくなります。

おまとめローンを申し込むなら、金利が低いほうが良いに決まっています。金利が低ければ低いほど月々の返済額を軽減できるからです。
おまとめローンについては、おまとめローン紹介コーナーで紹介している。低金利で融資枠も大型なので検討してみてください。

ただし申込み条件として、ある程度の年収は求められます。申し込み時にはしっかりと返済の一元化が目的と書いて、他社借り入れは嘘を書かないようにすることも重要です。

また、総量規制の実施により消費者金融や信販会社では年収の1/3以上のおまとめは難しいです(顧客に一方的に有利な借り換えは総量規制の対象外ではあるのですが・・・)。銀行カードローンなら総量規制の対象外、かつ非常に低金利なのでおまとめローンとして非常におススメです。

審査が心配な人に向けてのおまとめ技を紹介。
審査は借り入れ件数と金額が重要視される為、審査が厳しい会社に申し込むのが不安な場合は、金利が多少高くても審査が緩めの会社でまとめてみよう。借り入れ総額は同じでも借り入れ件数が1件と5件などではまったく審査結果が異なります。

このページの先頭へ
Copyright (C) 2014 カードローン ナビ@低金利カードローンの比較情報 All Rights Reserved.