大手消費者金融

以前のTVコマーシャルでグラスに水が溜まっていき「まだ大丈夫・・・」といいながら、最後は溢れてしまう「ストップ!借りすぎ」のCMをご覧になったことはありませんか?
あのCMは消費者金融業界に向けられる多重債務者問題への批判から作成されたもので、借りすぎ防止キャンペーンのCMでした。

スポンサーは消費者金融連絡会の加盟各社(武富士・プロミス・アコム・アイフル・三洋信販)とレイク、CFJ(ディック)の7社。

この中で、武富士・プロミス・アコム・アイフル・三洋信販・レイクが一般に消費者金融大手6社と呼ばれていました。CFJ(ディック)は大手6社と比べると規模の点では劣っていますが、シティバンクを親会社とする外資系の消費者金融会社です。

しかし、この業界の巨人ともいえる大手消費者金融でさえ貸金業法改正や過払い請求訴訟による業績悪化に伴い業界再編の嵐にさらされています。実際に、三洋信販はプロミスに買収されその傘下に入り、武富士は倒産しました(消費者金融事業は株式会社ロプロが継承しています)。また、GEコンシュマー・ファイナンスがレイクを新生銀行に売却し、当初は子会社である新生フィナンシャルによる運営でしたが、現在は新生銀行本体によってレイクが運営されています(従ってレイクは銀行カードローンになりました)。専業の消費者金融としては大手3社となっています。シティグループもディックの運営を大幅に縮小しています(現在は新規貸付停止)。

ブランド名 詳細 設立 資本金(百万円) グループ 実質年率
プロミス 詳細 1962年 140,737 SMFGグループ 4.5%~17.80%
アコム 詳細 1978年 63,832 三菱UFJフィナンシャル・グループ 3.0%~18.0%
アイフル 詳細 1967年 143,324 独立系 4.5%-18.0%
武富士 詳細 1966年 倒産 株式会社ロプロが事業継承
レイク 詳細 1994年 512,200 新生銀行本体による運営 4.5%~18.0%

当「カードローンナビ」では借入先に消費者金融というのは積極的にはお勧めしてきませんでした。理由は簡単で、金利が高かった・・・
一般的な銀行や信販系のカードローンならば上限で18%の金利なので、金利がより高い消費者金融を積極的におススメする理由がなかったのです。

しかし、最近は貸金業法改正の影響を受け(実際には、改正貸金業法完全施行の前に前倒しで利息制限法内の金利を提示していた)、上記に示しているように全ての大手消費者金融で上限金利を20%以下に設定しています。銀行や信販系のカードローンと比べても遜色のない金利設定といえます。

そうなると、小口融資のノウハウに長けており、店舗数や提携CD/ATMが豊富で融資方法・返済方法が多彩、さらにはスピード審査・即日(振込)融資にも対応している大手消費者金融は一気におススメのカードローンに格上げできます!

アコムとプロミスを勧める理由

CMに出ているタレントがいつも好きだからお勧めw・・・・ではなくって!?

まず、上の表を見てもらったらわかるけど、金利が低い!アコム、プロミスを含め全ての大手消費者金融の金利は、銀行や信販系と比べても遜色がないくらい下がりました。
そりゃ金利が低いほうが良いに決まってるからアコムプロミスをお勧めする理由の一つになっています。

アコムは大手消費者金融の中で最も早く利息制限法内の金利を設定しました。これは印象が良い!
プロミスは後塵を拝したわけですが、現在は3.0%~17.80%と遜色のない範囲に金利を引き下げています。

また、アコムは信販会社を含めた消費者向け貸付業の中で、融資残高、口座数ともNo.1で最も多い貸金業者です。融資実績、口座数が最も多いということは、それだけ融資に積極的な会社と言えます。ちなみに融資残高2位が武富士、口座数2位はプロミスとなっています。

アコム・プロミスを勧める対象となるのは、50万円までの融資を希望する、ちょっと属性に自信がない方(例えばパート・アルバイト・派遣社員の方)や他に借り入れがある(年収の1/3以内)の会社員にななります。即日融資対応なので急いでいる方もOKです。

この金利なら初めての利用の方にも十分お勧めできるし、最大500万円の融資枠なので、おまとめを検討している方も検討に値します!

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属し、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はSMFGグループに属し、大手消費者金融の中では社会問題化するような事例が少ないのも好印象。業界全体で問題となった団体生命保険もプロミスが一番最初に利用中止を発表しました。
また、消費者金融業界の中でも金融グループに属するアコム・プロミスはM&Aにも積極的であり、子会社・関連会社の数も多い。その一部は海外にもあるほどです!

そういえば、コマーシャルでおなじみだった消費者金融(キャッシュワン・アットローン)もアコムとプロミスが銀行と合弁で設立された消費者金融だったのです。

『キャッシュワン』『アットローン』も業界再編の嵐にさらされており、三菱東京UFJ銀行とアコムの合弁会社だった『キャッシュワン』は、MUFGグループ内の再編に伴いアコムに吸収合併されました。

三井住友銀行とプロミスの合弁会社だった『アットローン』も三井住友銀行グループ内の再編に伴いプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)に吸収合併されています。

アコム

アコムの申込バナー

貸金業法の改正を受けて、大手消費者金融の中で最も早く金利を引き下げた印象の良い消費者金融で、金融業界のなかでも優良と評価されている専業大手消費者金融です。即日融資対応、パート・アルバイトの方もOKで融資残高、口座数とも最も多いカードローンです。

実質年率 融資限度額 審査期間 お試し診断 担保・保証人 総量規制
3.0%~18.0% 800万円 最短30分 不要 対象
プロミス

プロミスの申込バナー

SMBCコンシューマーファイナンス『プロミス』は顧客対応、貸出実績の面で評判の良い大手消費者金融です。最短30分審査、スピード融資対応。パート・アルバイトの方もOKで融資残高、口座数でアコムに次いで第二位のカードローンです。30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)!

実質年率 融資限度額 審査期間 お試し診断 担保・保証人 総量規制
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 不要 対象
このページの先頭へ
Copyright (C) 2014 カードローン ナビ@低金利カードローンの比較情報 All Rights Reserved.