このコーナーで紹介するカードローンの特徴は、なんと言ってもその名の通り大口の融資!最大で800万円の融資商品もあるなど、かなり大きな融資枠を設定している商品もある。このコーナーでは300万円を超える融資枠を設定しているカードローンの中でも、特に低金利の商品に焦点を当て考察していきます。

VIP向け大口カードローンの特徴

大口カードローンの融資元は、銀行から信販会社、消費者金融までさまざまです。さらに保証人の有無、使用目的などその内容は多岐に渡るけど、ここでは以下の点を考慮してカードローンの紹介をしていきます。

  • 融資枠が大きく低金利
  • 利用目的が自由
  • 担保・保証人不要

この条件を満たすローンは、従来では銀行や大手信販会社が中心でしたが、貸金業法改正に伴い金利を引き下げた消費者金融も検討対象となりえます。このようなカードローンは金利が安く、そのため毎月の返済金額も少ない事が特徴です。管理人が大口融資枠のカードローンを調べた結果、お勧めするものを紹介したい。

大口カードローン融資の申し込み

消費者金融や個人ローンなどの宣伝では、「当日振込み」「即日融資」などの文字が目立ちますが、これは50万円以下の融資が中心であり、大口融資の場合は審査が慎重になります。

申込用紙に記入する内容は小口融資の場合と変わりは無く、
氏名・住所・勤務先・勤務年数・年収・他社利用件数・他社利用金額・利用目的
等が主な内容になる。

大口融資の場合、小口融資ではあまり重要視されていない年収が重要視される。大口融資を行うのであれば、当然それなりの収入が求められるわけだ。

申し込みに必要な書類も、身分証明書の他に小口融資では必要とされない年収を証明する給与明細や源泉徴収書等の所得証明書類の提出が必要となる。当然のことながら無担保で大口融資をする会社は50万円以下の審査よりも厳しくなる。

改正貸金業法が完全施行され総量規制が実施されているので、信販会社や消費者金融では年収の1/3が融資の上限となります。銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収の1/3以上の大口融資も可能ですが、年収の1/3以上の融資ともなると勤務先や勤続年数の他、その他の属性も厳しく審査されます。

管理人が考える銀行カードローンでの300万円クラスの大口融資条件は・・・

勤務形態 会社員勤務3年以上△
会社員勤務10年以上、管理職◎
公務員◎
自営業△
アルバイト・パート×
年収 会社員・公務員600万円以上
自営業900万円以上
他社利用件数 無担保ローン: 0である事が望ましいが、返済を条件に認められる事も多い
住宅ローン: あっても問題は無い
住居 持ち家(家族持ち家) 〇
賃貸 △
*住居年数も重要であり、長年住んでいる方が信用が高い

300万円クラスの極度額を有するカードローンでは、多くの会社が30歳以上を条件としている模様なので、勤務歴が10年あれば年齢的にも安心であろう。年収は正直言って600万クラスでは300万円の融資枠は厳しいかもしれない。極度額がが200万円~250万円位に減らされてしまう可能性も高い。

貸金業法改正の完全施行に伴い総量規制が完全実施されているので、信販会社や消費者金融では300万円の融資枠のためには900万円の年収が必要になる。

ちなみに利用目的だが、基本的に使途は自由なので、おまとめローン目的、借り換え目的も可能となっている商品がほとんどだ。

最もお勧めなVIP向け大口融資カードローン!

さて、これまでの情報を元に管理人がお勧めする大口カードローンですが、やはり低金利である事が最大のポイントである。低金利であり大口融資枠ってことを考えると、三菱東京UFJ銀行カードローンは非常におススメの商品といえる。最も重要な金利は1.8%-14.6%と業界では最低クラス、そして最高500万円と融資額も充実の商品となっている。

実際に300万円クラスの極度額を有するカードローンだと年収600万クラス以上の収入が必要と予想されるが、例え50万円程度の融資になったとしても最高金利14.6%というのは安心して申し込める。
申し込み先を迷っている方には絶対お勧めできるカードローンである事に間違いはない。

融資額と金利を考慮するなら、オリックスVIPローンカード(年率3.0%~16.8%)も最高クラスのカードローンです。オリックスVIPローンカードはかなり以前からVIPローンとして宣伝していたカードローンですが、リニューアルされ最高額800万円、最低金利3.5%とさらにVIPローンと呼ぶに相応しい内容となっています。提携CD/ATMが多いので必要な時に最寄りのATMから融資を受けられるので利便性は抜群です。さらに、このカードローンにはオリックスグループの優待制度があったりと、お得な特典までがついてきます。

ただし、オリックスVIPローンカードは信販会社が発行するカードローンなので、総量規制の影響をもろに受けます。融資可能な上限額は年収の1/3までです。融資限度額である800万円の融資を受けるには、2400万円の年収が必要となるのです。

オリックスVIPカードローンも金利に融資額、さらには利便性を考慮すると最高のVIPカードローンと言えます。

下に3つのローン商品を比較表にしてみました。正直、管理人としてはどれをお勧めするか悩んでしまうが、あえていうなら総量規制対象外の三菱東京UFJ銀行カードローン、利便性のオリックスと言ったところかな!?

公式サイト 三菱東京UFJ銀行カードローン オリックスVIPローンカード
詳細 さらに詳細 さらに詳細
長所 1.8%-14.6%(低金利)
融資枠 10-500万円
即日融資対応
総量規制対象外
3.5%-14.8%(低金利)
融資枠 最高800万円
提携CD/ATM多い
オリックスグループの優待

大口の利用希望の方はこちらの比較情報も参考にしてほしい。他社のカードローンも含めて比較している。

このページの先頭へ
Copyright (C) 2014 カードローン ナビ@低金利カードローンの比較情報 All Rights Reserved.